今さら聞けない?オール電化にすることで得られるメリット

  • 2017年12月28日
  • /
  • By:

火を使わないので火災発生の危険性が減る

オール電化にすると、IHクッキングヒーターで料理をすることとなります。ガスを使って実際に火を出すわけではないので、その点で安全性は高まると評判です。子どもやお年寄りが料理をしても、大きな火災に繋がる可能性は低くなります。ガス漏れの事故も防げるので、一石二鳥ですよね。このように、オール電化は住宅の安全を守るためにも効果があるわけです。
もちろん、料理の質も落ちることはありません。IHクッキングヒーターでも様々な料理を作ることができるので、何も心配はいらないのです。火力を強めることもできますし、中華料理も作れます。掃除が楽になる点も魅力的です。

光熱費を抑えやすくなる

プロパンガスを使っている家庭がオール電化にすると、月々の光熱費はかなり圧縮できます。都市ガスが使えない地域なら、オール電化の魅力はさらに増すのではないでしょうか。オール電化はその名の通りに、家の中のエネルギーをすべて電力でまかないます。電気は高いというイメージを持っている人も少なくはないでしょうが、オール電化の場合には大型の蓄電設備を導入して、夜間の安い電力を使うことが多いです。ですから、出費は抑えられます。お風呂のお湯も、夜の電気代が安いときに沸かしてためておき、それを使っていくので心配はいりません。

不動産の価値もアップする

最新の設備を導入すると、その不動産の価値も上昇します。オール電化も不動産価値の上昇には一役買ってくれます。物件を他人に貸し出す前にオール電化にリフォームしておけば、それを売りにして入居者を多数集めることもできるでしょう。

千歳の賃貸を効率良く探すには、取扱い物件数の豊富さやサポート体制の充実度に定評のある不動産会社を選ぶのがポイントです。