初めてのお部屋探し!間取りはどれがいい?

  • 2018年3月27日
  • /
  • By:

一人暮らしに向いている間取り

キッチンをあまり使わない人、普段料理しない人であれば、ワンルームの間取りがおすすめです。ワンルームは部屋の中にキッチンが併設された間取りなので、「自宅は寝るだけでいい」という人に向いています。ワンルームの間取りは仕切りがないため開放感がありますが、キッチンと部屋との間に仕切りがないため、日頃からよく料理をする人には向いていません。

キッチンと部屋との間に仕切りがほしいのであれば、1Kの間取りがおすすめです。1Kであれば料理のにおいが部屋に充満することもありません。ただし、1Kの間取りだとキッチンは調理スペースのみで、ダイニングスペースまで確保されていない場合が多いので、食事は部屋の中ですることになります。

ダイニングスペースもしっかり確保したいのであれば、1DKの間取りがおすすめです。1DKであれば1Kよりもキッチンスペースが広いため、食事スペースを確保できます。

間取りを選ぶときの注意点

広めの間取りに見えても、実際に家具を置いて見ると狭く感じることがあります。間取りを見る時は、冷蔵庫や電子レンジなど生活に必要な家具をどこに配置するか頭の中でイメージして、十分な広さが確保できるかよく考えてからお部屋を選びましょう。

せっかく1DKの間取りを選んでも、家電を置くと食事をするスペースが確保できない場合があります。ダイニングスペースは最低でも6畳は必要です。1DKの間取りを見る時は、テーブルや椅子を置けるスペースがあるか事前によく確認しておきましょう。

札幌市北区で住宅街が集まっている麻生の賃貸は、利便性の高い割にはお手頃な価格です。中心部にも近く通勤や通学に便利なエリアとして人気があります。